ベランダでよく鳩を見かけるなら早めの鳩対策を!

ベランダの鳩は鳩対策をしたほうがいいの?

鳩は徐々に自宅のベランダに住みつこうとしている

ハト

ふとベランダに目をやると鳩がやってきていた、というのはよくあることです。特に問題なさそうに感じますが、鳩対策もせずにそのまま放っておくと、住みつかれてしまい様々な問題が起こる恐れがあります。まずは簡単に、鳩の習性について知っていきましょう。

鳩対策する前に習性について学ぼう

ベランダに休憩しに来る

単純に、飛行中の休憩場所としてベランダを使うことがあります。昼間の明るいうちに飛んでくることが多く、その場に留まっている時間も短め。このような場合には、まだ住みつかれてしまう危険は低いと言えるでしょう。

ベランダに待機し出す

羽休めとしてベランダにやってきているうちに何の対策もしないと、今度は待機場所として使われるようになります。「安全な場所」という認識をされてしまうので、滞在時間がかなり長くなるでしょう。待機場所として使う間、夜間の寝床として使えるか確認もしているようです。

ねぐらとして訪れる

昼間だけでなく、夜間も飛んでくるようであれば「ねぐら」としてベランダを使っている可能性があります。やってくる鳩が複数であると、その分鳴き声や糞に悩まされるようになってくるでしょう。巣らしきものが見当たらないからと言って、安心できる状態ではありません。

最終的に巣が作られる

ねぐらとしてベランダを使っている鳩すら放置してしまうと、最終的に巣を作り始めます。こうなると、ベランダで繁殖してしまうこともあり、鳴き声や糞の被害は深刻なものになってくるでしょう。しかも厄介なことに、鳩には帰巣本能が備わっているため、一度巣を作られてしまうとなかなか追い払うことができなくなってしまいます。そうならない前に、忌避剤を用いて対策を行なったり業者に相談したりしましょう。

ベランダに住みつこうとする理由

鳩がよくベランダに住みつく理由は、そこが安全な場所だから。特にマンションのベランダであるとかなり高い位置になりますので、外敵がほとんどいません。室外機の裏など身を隠せる物陰もあるので、安心して休んだり子育てしたりできるのです。鳩は1年のうちに5回~6回は卵を産むと言いますから、爆発的に数が増えてしまう恐れもあるでしょう。

ベランダに鳩を近づけないようにする対策

鳩が住みつかない環境にする

ベランダに寄せ付けないようにすることが大切です(専門家)

とにかく、鳩にベランダが安全な場所であると思わせないことが大切。鳩が飛んできているのを見かけたら、すぐに追い払うようにしましょう。また、身を隠せるような物陰を作らないことも有効です。ベランダを常にキレイな状態に保ち、不要なものはなるべく置かないようにしてください。そうすることで、常に人間がいるんだという気配を鳩に感じさるのです。人間の気配があれば鳩も安心して過ごせないので、自然と寄り付かなくなるはず。

限界が来たら業者に頼ろう

できることを全部試しても効果が得られなかったときには、潔く業者に頼るのがいいでしょう。効果がない対策を一生懸命していたところで、ますます鳩は安心して住みつくようになってしまいます。そうならないように、プロの力を借りて徹底的に追い払うのがおすすめです。専門の業者は知識や経験の量が違いますので、効果のある対策が期待できます。

TOPボタン